mochaの日記

パズドラのダンタリオンが大好きです。ゲームとお絵描きも好き。いろいろ試行錯誤中。

【パズドラ】リーダースキルを満たすパズルを組もう【初心者向け】

少し間が空きましたが続きを書いていきます。

 

前回は敵に与えるダメージを増やす方法として「チームメンバーを増やす」「モンスターを育成する」についてお話しました。

 

今回はより敵に与えるダメージが増える方法を記載します。

 

 

 

属性相性を考慮する

モンスターにはそれぞれ属性があることは以前お話ししました。

これはもちろん敵にもあります。

そしてこの属性には相性も存在します。

 

有利属性に攻撃すると与えるダメージが2倍になります。

逆に、不利属性に攻撃すると与えるダメージは2分の1になります。

 

これらはプレイヤー側から敵に攻撃するときに適用されます。

敵からの攻撃は、属性相性は関係ありません。

どの属性がどの属性に有利、不利なのかは以下の通り。

 

火属性は木属性に有利、水属性に不利。

木属性は水属性に有利、火属性に不利。

水属性は火属性に有利、木属性に不利。

光属性は闇属性に有利。不利属性無し。

闇属性は光属性に有利。不利属性無し。

 

有利属性で攻撃すればそれだけ早く倒すことが出来ます。逆を言えば、敵から攻撃される回数も少なく出来ます。

様々なギミックが出て来るとこれが裏目に出たりするのですが、序盤はどんどん狙っていきましょう。

 

この属性相性はダンジョン挑戦中でも確認することが出来ます。

画像の左上の図が属性相性です。

敵モンスターの属性もより明確に表示されるようになります。

これはオプションで表示のON、OFFが選択出来ます。

f:id:mocha963:20200212214447j:image

 

属性相性は他のゲームでも良く使われる要素ですのでイメージしやすいと思います。

 

リーダースキルを満たすパズルを組む

リーダースキルとはチーム編成の際、リーダー枠に入れたモンスターのみが発動する能力のことです。

各モンスターのリーダースキルは詳細画面の一番下の枠に記載されています。

f:id:mocha963:20200212215006j:image

ここに何も書かれていないモンスターはリーダースキルがありません。

 

このリーダースキルは、指定されたパズルを組んだり、チームを組むと明記された能力(攻撃、HP、回復)に倍率がかかります。

もしくは敵から受けるダメージを軽減したり、操作時間を増やすものもあります。

 

敵に与えるダメージを増やす手段として、最も有用な要素だと思います。

 

ちなみに今後「倍率がかかる」という言い方が多発すると思います。

これは敵に与えるダメージが増える、と捉えてもらえると良いです。

(HPや回復の場合もありますが…)

 

「リーダースキルが発動出来ている」と認識してもOKです。

パズドラではよく出てくる言葉です。

 

もう1つ余談ですが、パズドラでは敵に与えるダメージの大きさを「実際の数字」で表すより「倍率」で表現することが多いです。

 

「100,000」では無く「10倍」のような感じです。

(プレイヤー間での会話や攻略サイトでこういう表記が多い、という意味です)

 

モンスター達の攻撃力はそれぞれなので「実際の数字」はチームに入れるモンスタやその育成度合いで毎回変わりますが、「倍率」はリーダースキルに依存するのでリーダーを変更しない限り数字は変化しません。

そう考えると「倍率」で表現するのは、わかりやすいと言えるのでしょう。

 

これからいろいろな条件が出てきますが、最近多いのは複数の条件を組み合わせているリーダースキルです。

ただわかりやすくするために1つ1つ見ていきます。

(※これよりリーダースキルの特徴をいくつかの名称に分けて記載します。名称は公式のものではありません)

 

属性、タイプ等指定リーダー

f:id:mocha963:20200212220434j:plain

序盤に使いやすいリーダーです。

この場合、火属性のモンスターをチームに入れるだけで攻撃倍率が上がります。

 

これは属性だけでなく、タイプなどを指定してくることもあります。

逆に指定された属性、タイプ以外のモンスターはチームに入れることは出来ますが倍率はかかりません。

 

この系統のリーダーを採用する場合は、チーム編成に注意しましょう。

 

コンボリーダー

f:id:mocha963:20200212220445j:plain

コンボリーダーは、その名の通り指定されたコンボ数を組むと倍率がかかるリーダーです。

 

コンボリーダーのメリットはチームの属性やタイプは関係無いところ。

チーム編成の幅が広がりますし、所持モンスターが少ない序盤は助かります。

 

ただコンボをするということは多少パズル操作に慣れている必要がありますので、これがデメリットでしょうか。

 

多色リーダー

f:id:mocha963:20200212220442j:plain

指定された属性のドロップを消すと倍率が出ます。

 

ここで注意してほしいことが1つ。

「指定されたドロップを消した」という判定がされるのは、指定された属性を持つモンスターがチームにいる場合のみです。

 

火属性を指定されているときに火属性モンスターがチームにいないと、火ドロップを消しても倍率はかかりません。

 

初心者のときの私はこの仕様に気付かず、しばらく悩みました。

 

多色リーダーの難点はここにあります。

指定された属性を持つモンスターを編成する必要があるのでチーム編成難易度が上がります。

さらにパズルをする際に指定された属性を消す必要があるため、盤面調整やスキルで補ったりなど気にするポイントが増えます。

そういう意味ではコンボリーダーよりも難易度が高いと思います。

 

代表的なのはこれくらいですが、他にもまだまだたくさんありますので、簡単に紹介します。 

 

列リーダー

f:id:mocha963:20200212220449j:plain

ドロップを指定された数分繋げて消すと倍率が出るリーダー。

比較的操作難易度は低め。

盤面調整は難易度高め。

 

十時消しリーダー

ドロップを5個十字に揃えて消した際に倍率が出ます。

パズル難易度が非常に高く、盤面調整も必要な上級者向けのリーダーです。

パズルを組む際のドロップの並べ方を覚えておかないと、かなり意味不明なパズルを組むことになります。

 

 

L字消しリーダー

ドロップを5個L字に消すと倍率が出ます。

比較的新しいリーダースキルです。

パズル難易度はそこまで高くありません。

ただ、多くコンボしたいときのパズルの並べ方が変則的になります。

ドロップを動かす前に完成形をイメージしておきましょう。

 

強化ドロップ消しリーダー

強化ドロップとは各ドロップの右上にプラスが描かれたもののこと。

このドロップを消すと倍率が出るリーダーです。

基本は「強化ドロップを含めた5個消し」を指定されます。

パズル難易度は低いです。

ただ、チーム編成する際「覚醒スキル」に注意する必要があります。

「覚醒スキル」については次回、紹介します。

 

HPリーダー

f:id:mocha963:20200212220437j:plain

HP◯%以上、以下で倍率が出るリーダーです。

パズルに対して指定は無いのでパズル難易度は低いですが、わざとダメージを受けたり回復に気を使ったりというHP管理が必要になります。

 

その他

他にもまだまだありますが、記載し切れないので名称のみ書きます。

(※名称は公式のものではありません)

・盤面が7×6盤面になるリーダー

・スキル使用時にのみ倍率が出るリーダー

・4つ以下消しができないリーダー

・落ちコン無しリーダー

・操作時間指定リーダー

・〇〇シリーズ指定リーダー

・ドロップを消すとHPを回復するリーダー

・指定されたことをすると固定ダメージを与えるリーダー(追い討ちリーダー)

・根性系リーダー

 

 

実際にはこれらの指定が複数含まれていることがほとんどです。

 

指定は1つに対して効果1つであることが多く、複数指定が含まれていると複数の倍率がかかることになり、より高い倍率を生み出します。

そのときの与えるダメージの多さは他の比ではありません。

 

パズドラではこのリーダースキルに従ってパズルを組めるかどうかがとてつもなく重要です。

 

ある程度パズル操作に慣れた後は、このリーダースキルに従ったパズルを練習してみましょう。

 

組めるようになれば圧倒的に敵を倒しやすくなり、よりパズドラが楽しくなること間違いなしです!

 

 

 

【パズドラ】モンスターの育成【超初心者向け】

前回は敵に与えるダメージを増やす方法の1つとして「ドロップをたくさん消す」「コンボを組む」について書いていきました。

他にも方法はたくさんありますので、今回はさらに2つ書いていこうと思います。

 

敵に与えるダメージを増やす方法

・チームメンバーを増やす

・モンスターを育成する

 

これはどのゲームでも同じだと思います。

ちなみにどちらかと言えばチームメンバーを増やすことを先にした方が良いかもしれません。

 

 

チームメンバーを増やす

チームとは、ダンジョンに挑戦するときのココ(赤枠)のこと。

f:id:mocha963:20200111231553j:plain

自分の所持モンスター5体とフレンドのモンスター1体の最大6体まで編成出来ます。

 

チームメンバーを増やすことでチームの合計攻撃力が上がります。

攻撃力が上がれば純粋に敵に与えるダメージは多くなりますね。

また属性を複数チームへ入れれば攻撃出来る機会も多くなります

f:id:mocha963:20200111231904j:plain
チームメンバーを増やすには、そもそも所持モンスターを増やさなければいけません。

 

所持モンスターを増やすには

・ガチャを回す

・ダンジョンでのドロップ

・ダンジョンのクリア報酬

・達成報酬

パズドラレーダー

・モンスター交換所

・モンスター購入

 

基本的には「ガチャを回す」「ダンジョンでのドロップ」が多いです。

 

初めは自分のチームメンバーをとにかく5体揃えられるようにしましょう。

 

最近ではゲームを始めたてでも割りとガチャを回せるので、すぐに5体は揃うと思います。

 

モンスターを育成する

では次にモンスターの育成をしてみましょう。

ここで言うモンスターの育成とは「レベル上げ」を指します

f:id:mocha963:20200111233239j:plain

レベルを上げるとモンスターの「HP」「攻撃」「回復」の数値が上がります。

「攻撃」が上がればそれだけ敵へ与えるダメージも多くなります。

 

育成には所持モンスターを合成する必要があります。

 

ただ、ダンジョンに挑戦した際にもレベルを上げることが出来ます

なのでまだゲームを始めたばかりで所持モンスターが少ない場合は、手に入れたモンスターはチームへ組み込み、育成はダンジョンで行うのが良いと思います。

 

育成するにはダンジョンをクリアする必要がありますので、クリア出来ないダンジョンでは無く、一度クリアしたダンジョンに何回も挑戦する必要があります。

 

合成をする際のポイント

①ベースモンスターと同じ属性のモンスターを合成すると経験値が増加

②「強化合成用」タイプのモンスターを合成すると経験値が増加

③「大 / 極成功〇倍」の時期に合成すると経験値が増加する確率アップ

 

基本は①を考慮しながらの②が圧倒的に多い印象です。

「強化合成用」タイプのモンスターを少しでも温存したい場合は③を意識すると良いと思います。

 

「強化合成用」タイプと言っても全て当てはまるわけではありません。

経験値をたくさん貰えるモンスターは決まっています。

代表的なものを紹介します。

 

f:id:mocha963:20200111231352j:plain
f:id:mocha963:20200111231403j:plain
f:id:mocha963:20200111231357j:plain
f:id:mocha963:20200111231348j:plain

この他にもたくさんいます。

最終的に一番使用するのはノエルドラゴン系になると思います。

序盤に手に入れるのは難しいので、使い所は慎重に選びましょう。

 

いろいろモンスター名が出てきましたが、まずはモンスターのレベルを「最大」まで上げてみましょう。

これだけでも敵を倒すのが楽になるはずです。

 

まとめ

今回のポイント

・チームを5体編成にする

・モンスターのレベルを「最大」まで上げる

 

もちろん、レベルを最大まで上げたモンスターをチームに編成してくださいね。

地味ですがとても大事な基本となる作業です。

 

チームに編成するモンスターも最初は手当たり次第に入れて良いです。

モンスターが増えて来たらレベルが高いモンスターを編成しておきましょう。

 

今回の内容は、割と他の似た系統のゲームにも通ずるところがあったと思います。

 

次回から小難しくなっていくかと思います。

出来るだけわかりやすく記載しようと思いますのでよろしくお願い致します!

【パズドラ】パズルのコツ【初心者向け】

前回はパズドラを楽しむために最低限必要なことをお話ししました。

今回はパズルを組むコツをお話しします。

 

 

操作時間について

パズルをする前に1つ意識して欲しいことがあります。

操作時間です。

 

これはドロップを動かす制限時間であり、基本は「5秒」です。

 

パズルをするにはまず盤面上の任意のドロップ1つをタップします。

(ドロップを持つ、と表現することもあります)

そしてドロップを持ったまま動かすとパズルスタートです。

 

しかしいつまでも自由に動かせるわけではありません。

ドロップを持って動かしてから5秒間しか動かせません。

5秒を過ぎると勝手にドロップを離したことになりパズル終了です。

 

5秒間と言われてもどれくらいか体感しにくいと思います。

残り時間が近くなると、それを知らせるアイコンのようなものが出て来てきます。

f:id:mocha963:20200101135219j:plain

これを目印にしてもいいかもしれません。

 

パズルをするときは「操作時間」という時間制限があることを覚えておいてください。

 

ドロップを消す型を覚える

ドロップの動きは「持ったドロップと動かした先にあるドロップの位置が交換になる」です。

実際は上記が連続的に起こっており「動かした先にあるドロップ達が、持ったドロップの後ろに押し出されていく」ように見えます。 

f:id:mocha963:20200101141817p:plain
この動きは実際にゲームをプレイしていてもある程度の慣れが必要です。

 

慣れるためには練習する方が良いのですが、少しでもパズルを組みやすくするための型がありますのでご紹介します。

f:id:mocha963:20200101135231p:plain

f:id:mocha963:20200101135235p:plain

f:id:mocha963:20200101135240p:plain

黄色のマルで囲まれたドロップを持ち矢印にならって動かしたとき、赤い火ドロップが縦か横に3個並ぶのがおわかりいただけるでしょうか。

 

実践ではこのような型を探す、また型を自分で作れるようにドロップを動かすことを意識しましょう。

この型を身につける頃には、ドロップの動きにも慣れて来ると思います。

 

ちなみに、今までの型は全て「消したいドロップ以外のドロップを持っている」ことにお気づきでしょうか。

 

今でいう「消したいドロップ」とは赤い「火ドロップ」です。

どのやり方も火ドロップを持っていないです。

 

何故そんな回りくどいやり方をするのかと言うと「ドロップを揃えたらそのままパズルを続けたい」からです。

 

何故そのままパズルを続ける必要があるかは次以降の項目でわかると思います。

 

敵に与えるダメージを増やすには

序盤のダンジョンでは今まで話した内容だけ意識すればクリア出来ます。

 

しかしゲームというものは徐々に難易度が上がるもの。

しばらくするとクリア出来なくなってきたり、もう少しスムーズにクリアしたいと思うかもしれません。

 

そうなって来たら、新たな要素を説明する必要があります。

 

上記の思いを解決する簡単な方法は、敵に与えるダメージを増やすことです。

ではどうすればダメージが増えるのか。

 

・ドロップをたくさん消す

・コンボを組む

・モンスターを育成する

・チームメンバーを増やす

・属性相性を考慮する

・リーダースキルを満たすパズルを組む

・覚醒スキルを満たすパズルを組む

・スキルを駆使する

 

聞き慣れない言葉も出て来たと思いますが、ザッとこれくらいあります。

パズドラというゲームの奥深さが少しわかっていただけるでしょうか。

 

これらを取り入れることが出来れば初心者は確実に卒業です。

一度に全て説明すると長くなるので今回は「ドロップをたくさん消す」「コンボを組む」のみ説明します。

 

ドロップをたくさん消す

パズドラでは同じ種類のドロップを3個繋げると消えます。

ですが実際は、4個でも5個でも盤面全てでも同じ種類のドロップであれば1度に消すことが出来ます。 

f:id:mocha963:20200101135216j:plain

そして基本的にたくさんのドロップをまとめて消せば消すほど敵に与えるダメージが多くなります

 

この方法を採用する場合、まずは3個ずつ消していたところを4個まとめて消せるようにしてみましょう。

縦でも横でも構いません。

ここでもドロップを消す型を意識します。

 

主観ですがパズルをしているときは「持ったドロップ」の動きを追うのではなく動かした後ろのドロップ」を見ていると自分が何をしているのか把握しやすくなります

最終的には自分が消したいドロップがしっかり並んでいることを確認しながらパズルを組めるようになれば、より安定すると思います。

 

ちなみにドロップを5個以上まとめて消すと「全体攻撃」となり、複数敵がいる場合は全員に攻撃出来るようになります。

5個まとめて消せるようになると攻略も少し楽になると思います。

 

ただ一先ずの目標としては6個横一列まとめて消せるようになると良いですね。

後々、役に立つと思います。

 

コンボを組む 

ドロップは同じ種類を3個以上並べると消えますが、これを1度のパズル操作で複数回行うことを「コンボ」と言います。

 

コンボをすればする程、敵に与えるダメージも多くなります。

ドロップの動かし方に慣れていることがより重要になってくると思います。

 

コンボを組む場合、基本的には3個のまとまりを複数個作るのが一般的です。

理由は盤面にあるドロップの個数の関係上、一番コンボ数が多くなるからです。

 

パズルを組む盤面は通常、縦5個×横6個の計30個のドロップで形成されています。

すると3個のまとまりを10組作ることが出来ます。

f:id:mocha963:20200101135223j:plain
f:id:mocha963:20200101135227j:plain

これが盤面最大で組めるコンボ数です。

もちろん各ドロップの個数はランダムなので必ずしも10組作れるわけではありません。

 

4個のドロップのまとまりを複数個作っても問題ありません。

正直、コンボさえ組めれば細かいことは気にする必要無いです。

ただ何か指標がある方がわかりやすいと思うので、まずはドロップ3個のまとまりを複数個作ることを目指してみてください。

 

ちなみに最初は4コンボを目指すのが良いと言われています。

 

やり方ですがドロップを消す型を探したり、自分で型を作りながらドロップを並べていきます。

そして1組作れたら、また同じことを繰り返します。

これが、少し前ですが「消したいドロップ以外のドロップを持っている」のはドロップを揃えたらそのままパズルを続けたい」から、と言った理由です。

 

「消したいドロップを持って」しまうと1組作ることは容易ですが、2組目を作りたいときに一度1組目を崩さないといけません。

もちろん毎回盤面最大コンボを組むような慣れた方であればどのドロップを持っても良いと思います。

しかし4コンボを目指す場合は2組目を作ることが大きな一歩です。

なのに既に作った1組目を崩しては元も子もないです。

 

消したいドロップを持った上で、そのドロップのまとまりを最後に持ってくるということも出来ます。

ただし操作時間内に出来るとは限りませんので、1組ずつ確実に作っていくことが良いと思います。

となれば「消したいドロップ以外のドロップを持つ」方が安定すると思います。

 

ちなみに「消したいドロップ以外のドロップ」というのは、出来れば3の倍数ではない個数があるドロップにした方が良いです。

例えば2個とか4個とかあるドロップ。

 

3の倍数個ドロップがあるということは3個のまとまりを作ってコンボに繋がる可能性があるドロップです。

逆に2個や4個はまとまりを作ろうとしても足らなかったり余ったりします。

 

初めはどのドロップを持てば良いかわからないと思いますので、

・消したいドロップ

・3の倍数以外の個数があるドロップ

上記2つ以外のドロップを持つように意識すると良いと思います。

 

その上で型になっているような箇所からパズルをスタートすると早くドロップのまとまりを作ることが出来ます。

型になっているか、なっていないかわからない場合はとにかく同じ種類のドロップがかたまっている場所からスタートしても良いです。

 

実際にドロップを持ったあとは盤面の隅からドロップのまとまりを作るのが良いです。

中心部でまとまりを作り始めると、途中で左右にまとまりを作りたいときに中心部を横切ることになり、これまたせっかく作ったまとまりを崩してしまいます。

4コンボを目指す上では必須ではありませんが、余裕があれば意識すると良いと思います。

 

コンボを作る上ではドロップのまとまりを作り、コンボになることを確定させながらパズルを組むと安定していきます。

一度3個揃えて消せるようになったドロップは崩さないようにしましょう。

 

まとめ

今回はパズルのコツをお話しました。

画像が少なくてわかりづらい箇所もあったかと思いますので、今後増やしていけたらと思います。

 

ポイントは以下3点

・パズルをするときは操作時間という時間制限がある

・ドロップを消す型を覚える

・消したいドロップ以外のドロップを持つ

 

慣れてきたら以下もやってみてください。

・たくさんドロップを消してみる

・コンボを組む

 

パズルはパズドラの醍醐味と言っても過言ではない要素なので、これに慣れてくるともっとパズドラが楽しくなると思います。

 

私も始めた当初はパズルをしていても何がなんだかわかっていませんでした。

テキトーにドロップを動かして消えたらラッキー、なんて思ってたレベルです。

今でも安定してパズルを組めているのかは疑問です。

それでもパズドラは十分楽しいと思っています。

 

今後も少しでもわかりやすくパズドラの紹介が出来ればと思っておりますので、一緒にパズドラを楽しみましょう!

 

 

【パズドラ】ダンジョン挑戦の基本【超初心者向け】

f:id:mocha963:20191216003539p:plain
パズドラこと「パズル&ドラゴンズ」は7年以上続くアプリゲームです。

テレビCMも流れているのでゲームに詳しくない方でも名前くらいは聞いたことあると思います。

 

今回はそのパズドラについて、今更ですが超初心者向けに解説していこうと思います。

 

まだパズドラを初めて間もない方、そもそもパズドラをやったことが無い方にもわかるように出来たらと思います。

ゲーム内のチュートリアルで説明されていることもあると思いますが、より詳しく解説出来るよう頑張ります。

 

説明不足もありますがわかりやすく伝えるために省いている部分もあります、ご了承下さい。

 

本記事ではゲームの基本的なところ、特に最低限のダンジョンでの画面の見方や仕組み、流れを記載していこうと思います。

 

 

パズドラとは

モンスターを育成し、パズルをしながらダンジョンを攻略していくアプリゲームです。

ジャンル的にはパズルRPG。

 

パズルは同じ色のドロップを3つ繋げる、という単純なもの。

ですがそこに様々な要素が加わって、やり込み要素が多くとても奥深いゲームになっています。

 

さらにモンスターのイラストが本当に豪華で可愛くてカッコいい。

今となってはイラストが凝っているアプリゲームはたくさんありますが、その中でもパズドラは細かい描き込みをしているイラストが多く、ゲームをより魅力的にしていると思います。

 

強いモンスターや使いやすいモンスターを優先的に育てることが多いですが、中には特定のモンスターが好きで性能度外視で育成しチームに入れて遊んでいる人もいます。

かく言う私もその一人。

 

 

画面の見方

f:id:mocha963:20191216002531p:plain

①盤面

②自チームのHP

③自チーム

④敵のHP

⑤敵

⑥敵が攻撃してくるまでの残りターン数

 

 

ドロップは同じ色を3つ以上繋げると消える

f:id:mocha963:20191216004841p:plain
基本中の基本です。

 

ダンジョンに潜入すると画面下半分は全てパズルをするための盤面になります。

この盤面上のドロップ1つをタップし、動かすことでパズルを組んでいきます。

 

ドロップは縦と横、斜めに移動出来ます。

動かしたいドロップをタップし、移動させるとその先にあるドロップと位置が交換されます。

 

ドロップを消すと、上にあるドロップが重力に従って落ちてきます。 

 

 

ドロップを消すと敵に攻撃

f:id:mocha963:20191216005951j:plain
正確には、消したドロップの色に対応した属性を持つ自分のモンスターが敵に攻撃します。

 

例えば赤いドロップを消すと、赤い枠に囲まれた火属性のモンスターが敵に攻撃を仕掛けます。

火属性ではないモンスターは攻撃できません。

 

モンスターにはそれぞれ属性があり、モンスターを囲う枠の色で判別出来ます。

モンスターの枠の左上に各対応するドロップが描かれているので、それでも確認出来ます。

 

以下、解説。

 

赤い枠は火属性のモンスターです。赤いドロップ(本当は「火ドロップ」と言います)を消すと敵に攻撃します。

青い枠は水属性。青いドロップ(水ドロップ)を消すと攻撃。

緑の枠は木属性。緑のドロップ(木ドロップ)を消すと攻撃。

紫の枠は闇属性。紫のドロップ(闇ドロップ)を消すと攻撃。

黄色の枠は光属性。黄色のドロップ(光ドロップ)を消すと攻撃。

 

ピンク色のドロップは回復ドロップと言って、消すと自チームのHPを回復します。

回復ドロップを消した場合、どの属性のモンスターも攻撃しません。

 

必要に応じてスキルを使用

ほとんどのモンスターはそれぞれ固有のスキル、技を持っています。

 

ただし、いつでも使用できるわけではありません。

使用するにはターンを稼ぐ必要があります。

 

モンスターを長押しするとスキルを使用出来るまでの残りターン数を確認することが出来ます。

この残りターン数がゼロになると、それ以降好きなタイミングで1回スキルを使用出来ます。

 

f:id:mocha963:20191216010214p:plain

画像の場合は「あと1ターン」でスキルが使用出来ます。

 

この「1ターン」とはドロップを消したターンをカウントします。

 

ドロップを消すと残りターン数が1つ減ります。

ドロップが消せなかった場合はこのターン数は減りません。

 

つまりドロップを消さないといつまで経ってもスキルは使えないのです。

 

ちなみにスキルが使えるようになっている状態のことを「スキルが溜まった」等と表現していることもあります。

 

f:id:mocha963:20191216005945p:plain

スキルが溜まり、使用出来るようになるとモンスターの背景が白く点滅します。

ただイラストが大きいモンスターは背景が少なく、白い点滅が見えないと思います。

白い点滅と同時にモンスターの枠が少し上がるので、それでも見分けることが出来ます。

スキルが溜まった瞬間には効果音も鳴ります。

 

使用出来るようになったらモンスターをタップし、スキル内容と共に使用するかの確認が出るので「発動」を選択します。

 

f:id:mocha963:20191216010015p:plain

スキルは盤面のドロップの色を変えるものや、自分のモンスターの攻撃力を上げるもの、パズルを動かす操作時間を延ばすものなど本当にいろんな種類があります。

 

ダンジョンを攻略する上では欠かせないものになっていますので、あらかじめモンスターのスキルを確認し、状況に応じて使用しましょう。 

 

 

ボスを倒せばダンジョンクリア

基本的にダンジョンは何階層にもなっており、道中は様々なモンスターが登場します。

最終的にはダンジョンの最後にいるボスを倒せば終了、ダンジョンクリアとなります。

 

ダンジョンをクリアすると新ダンジョンが登場したりアイテムが貰えたり、モンスターが育成されたりと嬉しいことがいっぱいです。

 

 

チームのHPがゼロになったら負け

自チームのHPは、敵モンスターから攻撃を受けると減っていきます。

 

HPがゼロになったら負け、基本は最初からやり直しです。

 

ダンジョンでの流れはターン制でドロップを動かし終わったら自分のターンは終了、手番は敵に移ります。

 

f:id:mocha963:20191216163942p:plain
自分のターン終了後「敵が攻撃してくるまでの残りターン数」(赤枠のところ)が1つ減ります。

この数字がゼロになったとき、敵モンスターが行動します。

 

行動は単純な攻撃からギミックを付与してきたりなど様々です。

 

ちなみにこのターン数は「スキルを使用出来るようになるまでのターン数」のカウント方法とは違います。

スキルの場合はドロップを消さなければ残りターン数を減らすことは出来ません

 

しかし「敵が攻撃してくるまでの残りターン数」ドロップを消しても消さなくてもターン数は減っていきます。

 

ドロップを消さなければ、こちらはスキルを使用出来ず攻撃も出来ず、敵モンスターからの攻撃を受け続けるしかないのです。

 

これを続けていればチームHPはゼロになり負けるのは明らか。

ただのサンドバッグ…。

 

これでは面白くも何ともありませんね。

 

なのでパズドラを楽しむためにまずやることはドロップを消せるようにすること。

パズルを組めるようにすることだと思います。

 

 

まとめ

パズドラでまず意識して欲しいのは下記2つ。

 

・同じ色のドロップを3つ以上繋げると消える

・消したドロップの色に対応した属性のモンスターが敵に攻撃する

 

余裕があれば「必要に応じてスキルを使う」ことも意識して良いと思います。

ターン数を稼ぎ、スキル「発動」を選択するだけで使えるため敵を倒すのが楽になると思うからです。

 

パズルを組みドロップを消して敵へ攻撃。

敵からの攻撃を耐えたら、再びこちらから攻撃。

 

これをどちらかが倒れるまで続ける。

ダンジョンでの流れはとても簡単です。

 

パズドラを楽しむためにまずやることはドロップを消せるようにすること。

 

序盤は高度なテクニックは必要ありません。

記事にも書いたように同じ色のドロップを3つ繋げれば良いのです。

最初はこれだけでダンジョンをクリア出来ます。 

 

まずは本当に基本のところから記載しました。

まだまだ説明していない要素がたくさんあります。

 

私が初心者だった頃はドロップを1組消すだけでやっとでした。

最初から情報量が多いと意味がわからなくなると思います。

 

簡単なところから徐々にパズドラに慣れて、のんびり楽しいパズドラライフを送りましょう。

 

 

おまけ

ここからは初心者向けでも何でもない、ただの雑談。

今回、初心者向け記事を書くにあたり1つ変わったことがあります。

 

それは通称火闇ダンタリオンを火ダンタリオンに進化させ直したこと。

初心者の方はモンスターの種類なんて全然わからないと思うのでとにかく下のイラストを見てください。

 

ちなみにダンタリオンは私がパズドラの中で一番好きなモンスターです。

 

f:id:mocha963:20191216002536j:plain
ちょ、あの、マジでカッコ良くないですか?

ホント大好きなんですこのイラスト。

ぶっちぎりで好き。

めちゃくちゃカッコ良くて心臓バックバクなんですけど。

なにこれズルい。

こんなに心を乱すイラストを描けるなんて本当イラストレーターの方、神。(語彙力死亡)

額に入れて飾りたい。

家宝にしたい。

 

これだからパズドラはやめられない。

次はどんなカッコいいイラストが拝めるのだろうと毎回ワクワクが止まりません。

 

ちなみに今回画像に出したチーム編成は「ダンタリオンって仮面やたらあるし仮面系モンスター並べよう」と思って出来上がった産物なんですが…。

 

f:id:mocha963:20191216010926p:plain

結構絵面ヤバかった。

 

 

【パズドラ】ケツァルコアトル降臨に極醒ダンタリオンで挑戦

クリスマスガチャが始まっていますね。

私は「聖夜の運び屋・クラウソラス」が欲しいのですが、今のところ出てません。

最近はモンスター交換所に出てこない低レアモンスターの方が高レアモンスターより手に入りにくくなっているように感じます。

もう少しガチャはしてみますが出ないだろうなぁ。

 

では、今回は「ケツァルコアトル降臨!【同キャラ禁止】石蛇龍 壊滅級」に挑戦します。

 

クリスマスとは関係無いですね。

でもボスのケツァルコアトルは見た目可愛いので好きです。

進化前のケツァルコアトルはどうしたお前って感じですよね。

 

 

チーム編成

f:id:mocha963:20191212014534j:plain

【対策したこと】

・ダメージ無効貫通

・雲

・ダメージ吸収

・エンハンス

・追加攻撃

 

 

f:id:mocha963:20191212014530j:plain
f:id:mocha963:20191212014524j:plain

リーダーフレンドは「極醒の魔公爵・ダンタリオン」。

 

アシストは火力の底上げのための「焔剣リオレウス」、フレンドのダンタリオンのアシストは「テオールのチェロ」です。

 

 

以下雑談。

 

ダンタリオンって本当に嫌らしい悪魔だなって思います。(褒めてます)

 

ストーリー上のダンタリオンはいろんな人物を唆します。

結果、その人物が良からぬことをしてしまいます。

 

ダンタリオンの誘いに乗った者がどんな結末を迎えようと、彼は愉快そうに笑って次の標的を探します。

 

なんて悪魔らしい悪魔。

清々しいくらいに悪魔をしています。

 

ちなみにダンタリオンは標的を定めた相手のその後の行動を観察することが好きです。

ただ予定調和は嫌いなので標的となった人物の前に立ち塞がる敵にも協力したり助言したりします。

 

ホント傍迷惑な悪魔。

 

なんでこんなモンスター好きなんだろうと我ながら思います。

でもカッコいいし、余裕ぶっこいてるキャラ設定自体どストライクだし、やっぱり好きなんですよね。

 

最近ストーリー本編の更新が止まっているので、早く続きが読みたいです。

 

f:id:mocha963:20191212014538j:plain

サブ1体目は「ハオ」様。

 

いつも通りのダメージ無効貫通枠です。

アシストはありません。

 

 

f:id:mocha963:20191212014543j:plain

サブ2体目は「停滞の時女神・プレーナ」。

 

ボス戦の盤面変換を担当してもらいます。

目を閉じているプレーナ可愛い。

 

アシストはありません。

 

 

f:id:mocha963:20191212014502j:plain

サブ3体目は「大義の龍将神・上杉謙信」です。

 

ダメージ吸収無効枠です。

 

アシストは雲耐性枠で「ロミアのぬいぐるみ」ですが、フレンドのアシスト「テオールのチェロ」に雲耐性がついているのでアシストしなくても大丈夫でした。

 

 

f:id:mocha963:20191212014516j:plain

サブ4体目は「隠れ神ゲーマー・アマテラスオオカミ」です。

 

ハオ様のスキルチャージ発動のための光属性、木属性枠です。

 

アシストは「ヒーローニャンの妖怪メダル」。

ボス戦でアシストのスキルを使用します。

 

 

以上のチームで挑戦します。

 

 

Battle1 裏荒武者・レッドゴブリン / 裏重戦士・ホブゴブリン / 裏突撃兵・マリンゴブリン

f:id:mocha963:20191212014556j:plain

回復ドロップを消せなくしてくるので最大倍率が出せません。

 

1ターン耐えれば良いので、出来れば7コンボして16倍の倍率を出し軽減を発動させておけば確実に耐えれます。

 

初ターンに回復が多過ぎると7コンボ組めなくなり、青ゴブリンのダメージ量によっては負けることもあります。

青ゴブリンのダメージは毎回変わるので軽減を発動出来なかった場合の耐えれるかは運になります。

 

Battle2 水の宝珠龍・センジャ

f:id:mocha963:20191212014600j:plain

雲とお邪魔ドロップを生成してきます。

このお邪魔ドロップは全て消しましょう。

 

最大倍率を出して突破します。

 

私はこのとき「テオールのチェロ」を発動させています。

お邪魔ドロップの消し漏れが嫌だったからだと思うのですが、操作時間も余裕があり、「テオールのチェロ」で盤面変換しても回復ドロップが足りない可能性があるので、この行動はおすすめしません。

 

Battle3 蒼大剣の鎧騎士・アークライン

f:id:mocha963:20191212014604j:plain

ダメージ吸収があるので大義の龍将神・上杉謙信」のスキルを使って突破します。

 

もしくはリーダースキル16倍出ていればダメージ吸収に引っかからないので、それでも倒せます。

 

今回はハオ様のスキル溜めをしたので上杉謙信のスキルは使用しませんでした。

 

上杉謙信のスキルが溜まっていれば、使用した方が早く突破出来ます。

 

出来れば次のモンスターのために回復ドロップは残したいです。

 

Battle4 魔焉皇帝・ヴァンパイアデューク

f:id:mocha963:20191212014507j:plain

ヴァンパイアデュークはやたら攻撃力が高いので殴り合いが出来ません。

 

最大軽減しても負けるので必ずワンパンします。

もちろん最大倍率が出ないと倒せません。

 

Battle5 クラーケンライダー・ネル

f:id:mocha963:20191212014512j:plain

根性持ちのモンスターなので、しっかり追加攻撃を組んで倒していきます。

 

回復ドロップが足らない場合は「極醒の魔公爵・ダンタリオン」のスキルを使用します。

 

 

Battle6 純翼の石蛇龍・ケツァルコアトル

f:id:mocha963:20191212014547j:plain
f:id:mocha963:20191212014552j:plain

ボス登場です。

可愛いと思いません?

 

ボス到達時点でハオ様のスキルが溜まっていないので数ターンスキル溜めをします。

無事、スキルが溜まったら倒しにいきます。

 

以下、使用スキル。

 

①ちっちぇえな

⇒1ターンの間、ダメージ無効を貫通する。全ドロップを火、水、木、光、闇ドロップに変化。

 

ヒーローマン

⇒1ターンの間、火属性の攻撃力が3倍。ランダムで火ドロップを3個生成。

 

③時空超律陣・火闇命

⇒1ターンの間、3コンボ加算される。全ドロップのロックを解除し、火、闇、回復ドロップに変化。

 

私のボス戦での立ち回りっていつもこの3スキルばかり使っている気がする。

 

f:id:mocha963:20191212014519j:plain

というわけで「ケツァルコアトル降臨!【同キャラ禁止】石蛇龍 壊滅級」クリアしました。

道中のモンスターが使用するギミックが面倒なので、それなりの対策は必要だと思いました。

 

最近は極醒ダンタリオンのリーダースキルにHP倍率が無いのが辛いなぁ、と感じるようになりました。

それでも好きなモンスターなので、極醒ダンタリオンでクリア出来るように創意工夫していきたいです。

 

ちなみに、上の画像「獲得モンスター」の一番右が進化前のケツァルコアトルなんですが、ほんと誰?っていうくらい進化後と違いませんか。

 

進化後はあんなにお目目くりくりで白くてふわふわしてそうな可愛いフォルムなのに。

このギャップが良いんですかね。

 

ケツァルコアトルも機会があれば極醒ダンタリオンのチームに組み込んでみたいです。

 

【パズドラ】グラト降臨に極醒ダンタリオンで挑戦

またストーリーダンジョンが更新されましたね。

今度は「オーディン編」。

地道に挑戦していこうと思います。

 

パズドラはモンスター数が多いのでどのモンスターを主人公にするか、どのモンスターを登場させるのか決めるのがとても大変そうです…。

 

 

それでは、今回はパズドラレーダーのレーダー報酬で手に入れた「グラト降臨!干潮の八龍喚士 壊滅級」に挑戦します。

 

 

チーム編成 

f:id:mocha963:20191130150514j:plain

【必要な対策】

・ダメージ無効貫通

・エンハンス

 

操作時間は「12.60秒」です。

 

 

f:id:mocha963:20191130150452j:plain
f:id:mocha963:20191130150525j:plain

リーダーフレンドは「極醒の魔公爵・ダンタリオン」。

 

アシストはエンハンス要員で「ヒーローニャンの妖怪メダル」と盤面変換要員で「テオールのチェロ」です。

 

毎回思うのですが、極醒ダンタリオンのこのラスボス感は何なんでしょう。

カッコよすぎでは…。

悪役感が凄い。

 

 

f:id:mocha963:20191130150517j:plain

サブ1体目は「未来王・ハオ」様。

 

アシストはありません。

 

ついに進化させちゃいました、ハオ様。

ハオ様は進化前のイラストの方が好きだったので進化させていませんでした。

 

しかし、今回のダンジョンは3フロアしかなく非常に短いため進化前のハオ様ではボスに辿り着くまでにスキルが溜まりません。

 

進化後のハオ様にはスキルチャージが2つあるので上手く発動させればボスまでにスキルを溜め切れかもしれません。

 

そのため今回2体いるハオ様のうち1体を進化させたのですが…。

 

カッコいい。

 

いや、カッコいいのはわかってたんです。

 

でも私は余裕ある笑顔のハオ様が至高なので、ニコニコしながら敵を薙ぎ倒すハオ様が好きなので…しっかり臨戦態勢に入ったハオ様はあまりイメージに無いというか、見慣れなかったんです。

(原作の終盤はほぼ臨戦態勢でしたが)

 

でも私が間違っていました。

どっちのハオ様もめちゃくちゃカッコいい。

ほんとにかっこいい。

 

今後とも末永く活躍していただきます。

 

 

f:id:mocha963:20191130150521j:plain

サブ2体目は「停滞の時女神・プレーナ」。

 

アシストは「うまい棒ドラゴン味」。

 

ボスでの盤面変換要因です。

 

ほんとにプレーナはダンタリオンのリーダースキルと噛み合うので有難い。

あと操作時間延長もあるので優秀過ぎる。

 

いつもありがとう。

 

 

f:id:mocha963:20191130150501j:plain

サブ3体目は「簧龍楽士・エノーラ」。

 

アシストはシンカリオンコラボの「シャショット」。

 

「簧」って「した」と読むらしいですね。

最初読めなかったです。

 

モンスターの特徴から「ふえ」と読むのかなーなんて思ったのですが漢字変換で出て来ず。

「した」と入力したらちゃんと変換に出て来ました。

 

ただ後から調べたら「ふえ」とも読むらしいです。

あと訓読みで「コウ」。

 

ちなみに「簧(した)」とは「リード」のこと。

笛系の楽器の口元にある木の薄い板です。(全ての楽器にあるわけではありません)

このリードが振動することで楽器の音が鳴ります。

 

もちろんエノーラが持っている楽器、クラリネットにもリードがついています。

 

こういうモンスターの特徴にあわせて二つ名がつくのは面白いですよね。

しかも結構見慣れない漢字が使われていたりするので勉強になります。

 

 

f:id:mocha963:20191130150510j:plain

サブ4体目は「灼爪の玩龍喚士・コットン」。

 

アシストは操作時間延長目的で「持霊・ミック」。

 

パズドラで使用される二つ名は造語であることが多いです。

 

コットンで言えば「灼爪の玩龍喚士」の部分。

(二つ名という言い方をしていいのかわかりませんが…)

 

文字列はやたらカッコいいですが読み方がイマイチわかりません。

 

公式生放送などで発表されるモンスターは司会進行や解説する方が話してくれるので読み方がわかるのですが…。

 

ふとしたときに気になるんですよね、読み方。

 

 

以上のチームで挑戦します。

 

 

Battle1 峰角の大賢龍・バッケス

f:id:mocha963:20191130150529j:plain

バッケスは攻撃してくるまでのターンが長いので絶好のスキル溜めポイントです。

 

しっかりスキル溜めをして隙あらばスキルチャージを発動させます。

 

バッケスの攻撃まで残り1ターンになったら最大倍率で突破します。

 

 

Battle2 碧地の風龍喚士・カエデ

f:id:mocha963:20191130150534j:plain

カエデは特定の色ドロップのみ降らせてきますが気にしません。

 

あらかじめ火コットンのアシスト「持霊・ミック」のスキルを使用しておけば、火コットンとエノーラに倍率がかかります。

 

さらに「持霊・ミック」自体の攻撃キラーによって火コットンの火力も上がるため結果的にリーダースキル16倍を出せれば1撃で倒せます。

(というより、思ったより火力が出て倒せちゃいました…。ここでハオ様のスキルを使用出来るまで溜めたかった)

 

 

Battle3 干潮の八龍喚士  グラト

f:id:mocha963:20191130150456j:plain

あっという間にボスです。

 

ボス到達時点でハオ様のスキルはまだ溜まっていません。

なので1ターンスキルチャージを発動させておきます。

 

するとハオ様のスキルが溜まりましたので攻撃に移ります。

(ちなみに挑戦当時はスキルが溜まったことに気づかず無駄にもう1ターンスキル溜めをしてました…)

 

使用スキル

①ちっちぇえな

⇒1ターンの間、ダメージ無効を貫通する。全ドロップを火、水、木、光、闇ドロップに変化。

 

ヒーローマン

⇒1ターンの間、火属性の攻撃力が3倍。ランダムで火ドロップを3個生成。

 

③時空超律陣・火闇命

⇒1ターンの間、3コンボ加算される。全ドロップのロックを解除し、火、闇、回復ドロップに変化。

 

しっかり最大倍率を出して終了です。

 

 

f:id:mocha963:20191130150505j:plain

今回は「グラト降臨!干潮の八龍喚士 壊滅級」に挑戦しました。

 

短いダンジョンなのにスキルが重い無効貫通を使わなければいけないのがネックでしたが、進化したハオ様のお陰で無事クリア出来ました。

 

スキルチャージ2つ持ちというのはスキルが早く溜まるので有難いですが、アシストをつけた場合は早く溜まり過ぎてしまいます。

 

スキルを使いたいときにアシストスキルの方が溜まってしまう、というのもあり得ますので進化したハオ様にアシストをつけるときは注意しないといけませんね。

 

 

 

 

【パズドラ】ザッハーク降臨に極醒ダンタリオンで挑戦

ずっと前から言われていることですが、コラボが多いですね。

新しいモンスターが増えてくれて嬉しいのですが、ほとんど知らないタイトルばかりなのでキャラクターよりも性能ばかり見てしまいます。

それが正しい遊び方なのかもしれませんが…。

 

 

今回は11月のクエスト上級者向け「ザッハーク降臨!【落ちコンなし】」に挑戦します。

 

 

チーム編成

f:id:mocha963:20191123225303j:plain
【必要な対策】

・ダメージ無効貫通

・覚醒無効回復

・操作不可耐性

・エンハンス

 

操作時間は「11.10秒」です。

 

f:id:mocha963:20191123225254j:plain
f:id:mocha963:20191123225259j:plain

 リーダーフレンドは「極醒の魔公爵・ダンタリオン」。

アシストはエンハンスとして「ヒーローニャンの妖怪メダル」、盤面変換要因として「テオールのチェロ」。

 

 

f:id:mocha963:20191123225308j:plain

サブ1体目は「ハオ」様。

アシストはありません。

 

ダメージ無効貫通要員です。

ボスでスキルを使用します。

最近は何ターンでボスに辿り着くか計算するのが面倒なので、ボスで確実に使用したいスキルを持つモンスターにはアシストをつけません。

アシストをつけなくていい余裕がある状況であれば、の話ですが。

 

 

f:id:mocha963:20191123225314j:plain

サブ2体目は「停滞の時女神・プレーナ」。

アシストは「うまい棒ドラゴン味」。

 

アシストは自動回復で、あと少し回復し切れなかったときのための保険というか、おまもり代わりです。

あとドラゴン味って気になりますね。

 

 

f:id:mocha963:20191123225215j:plain

サブ3体目は「灼爪の玩龍喚士・コットン」。

ドロップ変換要因。

最近ずっとお留守番だったのですが、久しぶりに使うとスキルがとっても便利。

あと可愛い。

 

アシストは操作時間延長欲しさに「持霊・ミック」。

 

 

f:id:mocha963:20191123225244j:plain

サブ4体目は「隠れ神ゲーマー・アマテラスオオカミ」。

アシストは操作時間延長目的で「白薔薇のウェディングドレス」。

 

覚醒無効回復要因。

 

スキルのドロップ変換もリーダースキルの最大倍率を出せる変換です。

ただ火ドロップ生成が無いので攻撃はしづらい。

 

軽減発動出来るので十分噛み合ってはいると思います。

操作時間延長も有難い。

 

 

以上のチームで挑戦します。

 

 

Battle1 炎の古代龍・アンモナイト / 湖の古代龍・シーラカンス

f:id:mocha963:20191123225338j:plain

あまりのんびりしていると回復が足らなくなって負けることがあるので、出来れば1、2ターンの間に最大倍率で突破します。

 

必要であれば極醒ダンタリオンのスキルを使用します。

 

 

Battle2 祭祀の神子・カノ

f:id:mocha963:20191123225219j:plain

最大倍率で突破します。

 

極醒ダンタリオンと火コットンのスキルはこのフロアあたりで使用しておけばボスに到達する頃にはスキルが再度溜まります。

 

Battle1と2はスキルを使用してスムーズに進みます。

 

 

Battle3 冥夜の女神・パンドラ

f:id:mocha963:20191123225226j:plain

個人的な鬼門。

 

操作時間11.10秒で10コンボ組めなければ終わりです。

 

楽勝?

まさか。

普通に失敗します。

 

ドロップの配置が悪いと組めません。

 

なんか、以前はもう少し早くパズル組めていた気がするのですが…操作時間延長に頼り過ぎた結果ですかね。

 

10コンボ組めなかった場合は操作時間短縮とスキル遅延をされます。

 

操作時間短縮は対応出来ますが、スキル遅延は対応し切れないため、あとのモンスターやボスへの有効打が無くなります。

だから10コンボ組めないと実質負けなのです。

 

無事10コンボ組めると10ターンの間、操作時間を2倍にしてくれます。

 

 

Battle4 万象の皇妃神・イザナミ

f:id:mocha963:20191123225232j:plain

イザナミは75%ダメージ軽減を使用してきます。

ただ1ターンのみなので、やり過ごした後に最大倍率で突破します。

 

 

Battle5 聖流の女神・サラスヴァティ

f:id:mocha963:20191123225239j:plain

先制で覚醒無効されます。

 

こちらはアマテラスオオカミのスキルで覚醒無効回復。

その後、追加攻撃を組んで最大倍率で倒せれば良いです。

 

追加攻撃のための回復ドロップが足らない場合は、プレーナのスキルを使用して倒します。

 

ちなみに根性を発動させても体力全回復とドロップロックをしてくるだけなのであまり気にしなくて大丈夫です。

 

 

Battle6 邪牙の魔蛇龍・ザッハーク

f:id:mocha963:20191123225318j:plain
f:id:mocha963:20191123225323j:plain

ボス登場。

先制で5000万以上ダメージ無効をしてきます。

 

こちらが最大倍率で攻撃してもかなり削れるので体力が半分になる前くらいまでは気にしないで攻撃し続けます。

 

ボスの最初の攻撃はかなり強いので軽減は必ず発動させます。

最大倍率の軽減出なくても大丈夫です。

 

操作不可をされることがありますが、ハオ様に操作不可耐性があるので問題ありません。

 

体力が半分に到達するくらいになったら、スキルを発動して倒しに行きます。

 

①ヒーローニャンの妖怪メダル⇒ヒーローマント(エンハンス)

②ハオ様⇒ちっちぇえな(ダメージ無効貫通)

灼爪の玩龍喚士・コットン⇒継界縫龍針・火命(ドロップ変換)

 

これで全力コンボをすれば終わりです。

 

 

f:id:mocha963:20191123225327j:plain
f:id:mocha963:20191123225249j:plain

今回は正直、ボスより道中のパンドラでの10コンボ組む方が大変でした。

パズル力をもっと上げれるよう精進します。

 

というわけで11月のクエスト上級者向けザッハーク降臨!【落ちコンなし】」

クリアしました。

 

ザッハークは初ゲットだったのです。

体がガッチリしていて強そうなのですが幼児体系にも見えてなんだか可愛いなと思ってしまいました。

 

 

おまけ

今回、チーム編成で恒例のダンタリオンについての雑談がありませんでした。

その理由はこれです。

 

f:id:mocha963:20191123231309j:plain
f:id:mocha963:20191123231305j:plain

クロノマギアにダンタリオンがいました。

 

これは軽い雑談では終われません。

少し長めのおまけにさせてください。

 

そもそも「クロノマギア」とはパズドラと同じ会社が運営する、カードで戦うアプリゲームです。

パズドラ運営に携わっている方もかなり関わっているゲームです。

もちろんパズドラとのコラボも実現しています。

 

私は最近まであまり気に留めていなかったのですが、ふと思い立ってインストールしました。

そしてパズドラからはどんなモンスターのカードが実装されているのだろう、とカード図鑑を見たら…いたのです。

彼が。

ダンタリオンが。

 

いつから実装されていたのでしょう。

 

しかも手に入れるとダンタリオンについてのコメントが見れます。

本家のストーリーなどであらかじめ知っている内容ではありますが、改めて新しい言葉でダンタリオンを語ってくれたことが嬉しかったです。

 

コメントを読むと、やはりダンタリオンは仮面を被ることによって顔を作っているそうです。

その仮面が彼の周囲に浮かぶ仮面から選んでいるのかはわかりませんが。

 

ちなみにこのクロノマギアでのダンタリオンは喋ります

一言ですけど、喋ります。

 

最初聞いたときは聞き間違いかと思いました。

割とボイスがあるキャラクターが多いので他のキャラだと思いました。

 

ただ発言や声の雰囲気が私が想像するダンタリオンそのものだったためまさか、と思ってもう1度確認したら彼のものでした。

 

実は喋るダンタリオンはクロノマギア以外のタイトルにもいます。

声優は別々の方のようです。

 

クロノマギアのダンタリオンは禍々しくねっとりした低めのボイス。

別タイトルのダンタリオンは悪魔らしい無邪気で若い青年のような高めのボイス。

 

どちらも余裕ある雰囲気が醸し出されていてとても好きです!

別タイトルのダンタリオンについてはまた別の機会に話そうと思います。

 

とにかく、ダンタリオンの新しい情報(新しくもないのですが)を見つける度に嬉しくてはしゃいでいる自分がいます。

 

クロノマギアのようなカードゲームは結構好きなので、これからも少しずつ遊んでダンタリオンのボイスを聞いていこうと思います。

 

もちろん、クロノマギアのダンタリオンはすぐ手に入れました。